活動報告

平成29年度本部主催研修会を開催「都民公開セミナー」として841名が参加

平成29年度本部主催研修会が7月6日(木)午後1時、「よみうりホール」で開催された。前年同様、城東ブロックとの合同開催となった。本年度は中央ブロックが幹事ブロックとなり、新井支部長が中央ブロック長であることに伴い、文京区支部の渡辺武志研修委員長が司会の大役を務めた。
参加総数841名の多くの皆さまにご参加頂き無事研修会を終了する事が出来ました。ご参加頂きました会員の皆さま、関係各位の方々に御礼申し上げます。会場の収容人数の都合で「よみうり司会を務める渡辺研修ホール」は事前申し込み委員長制となり、皆さまにご迷惑をお掛けしておりますが、来年度は事前申し込みを廃止し文京シビックホールでの開催を計画しています。今一層のご参加を頂きますようお願い申し上げます。
(研修委員長 渡辺武志)

昨年度の研修委員会で、これまでの修了証を廃止し下記ステッカーを配布することを決定した。研修会参加者は、支部研修委員会に請求すれば郵送してもらえる。

寺村光司顧問 国土交通大臣感謝状を受賞 長年の協会活動の功績に対して

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会創立50周年、(公社)全国宅地建物取引業保証協会創立45周年記念式典が平成29年6月29日(木)にホテルニューオータニで開催され、当支部顧問、寺村光司氏が国土交通大臣感謝状を石井国土交通大臣より授与された。当日は寺村光司氏、都宅協会長・瀬川信義氏など3名の方が受賞された。
寺村光司氏は平成9年から平成19年まで支部長を5期務められ、その間、業協会本部の総務委員長、専務理事等を歴任、平成22・23年には副会長に就任され、公益法人移行期の本部運営に尽力された。現在も業協会相談役、全宅連参与、東政連相談役、東京都不動産協同組合の監事に就任され、活躍されている。
寺村光司氏は「皆さんにご支援いただいたおかげで5期11年、務めをまっとうできた。創立50周年の年に受賞出来たことは大変光栄なこと。今後も若い役員達が和気あいあいと大きな仕事が出来る支部運営を望みたい」と、受賞の喜び語った。
今回のご受賞は氏の長年にわたるご功績に対してのものです。まことにおめでとうございます。
(支部長 新井浩二)

中屋文孝東京都議会議員候補に宅建政治連盟推薦状を交付

平成29年6月23日(金)告示、7月2日(日)投票および開票の東京都議会議員選挙に立候補をした自由民主党公認候補の中屋文孝氏に対し5月19日(金)午後5時30分、中屋事務所で東京都宅建政治連盟推薦状を同連盟文京区支部の新井浩二支部長が交付した。
当日は新井支部長、小能幹事長が訪問し必勝を祈念。7月2日の投開票では得票数26,997票で見事当選し、四期目の中屋文孝東京都議会議員が誕生した。
中屋文孝先生には今後とも宅建文京区支部に尽力いただけるようお願いすると共に今後も健康で都議会の中心議員として活躍をされることをお祈りします。
(幹事長 小能大介)

「保育所整備のための不動産情報提供に係る協定書」

平成29年6月13日(火)午前9時から文京区役所16庁議室で「保育所整備のための不動産情報提供に係る協定書」調印式が開催された。
文京区支部から新井支部長、小能幹事長が出席し、成澤区長、朝日信用金庫理事長、全日東京都本部豊島文京支部長らとともに、区内の待機児童の解消に向けた保育所整備を強化するため、活用可能な民有地等の掘り起こしを進め、民間事業者による保育施設の整備促進を図るため協定書を締結した。成澤区長は「当区では保育所整備を積極的に進めているが、ファミリー世帯の流入が多く整備が追いつかない状況にあり、待機児童解消のために早急に用地等の確保が必要であり皆さんの情報提供等のご協力をお願いします」と挨拶した。
文京区支部は今後この協定をもとに次世代を担う大切な子供達のために待機児童解消を積極的に推進して行きたいと思います。会員の皆様のご協力をお願いします。
(幹事長 小能大介)

第2回 支部研修会報告

総会後に研修委員長が配布資料の内容を説明

4月27日(木)第6回支部総会終了後、第2回支部研修会が開催されました。当日は懇親会も控えており、配布資料の内容説明にての研修会とさせて頂きました。
テーマ1の「平成29年度本部主催研修会(都民セミナー)開催の件」では、本年度は6会場で年1回の開催となること、このうち「よみうりホール」に関しては中央・城東ブロックの共同開催となり、会場の収容人数の関係で事前申し込みでの実施となることをご説明しました。テーマ2の「平成29年度宅建経営塾スケジュール及びカリキュラムの件」に関しては、印刷物配布前の事前のご案内を報告させて頂きました。追加として4月18日(火)に本富士警察署講堂で「特殊詐欺の最近の傾向と対策、マンション等の使用例」をテーマに開催いたしました第1回支部研修会資料(警察作成資料)を配布し、詐欺グループのアジト発見のポイント等のご説明をさせて頂きました。
最後に、昨今なかなか減少しない、かつ巧妙化する特殊詐欺犯罪の撲滅に対する水際での犯罪防止に、会員の皆さまにご協力頂けますようお願い申し上げます。
(研修委員長 渡辺 武志)

平成29年度 第1回支部・青年会研修会報告

「特殊詐欺の最近の傾向と対策」をテーマに研修

4月18日(火)18時から本富士警察署3階講堂で「特殊詐欺の最近の傾向と対策、マンション等の使用例」をテーマに支部研修会が開催されました。当日は本富士警察署署長、区内4警察署、及び文京区危機管理課の各担当者にご出席いただき、また支部からは46名の会員の皆さまのご出席をいただきました。講師は警視庁捜査2課、本富士警察署生活安全課の特殊詐欺担当のお2人が担当され、約90分の有益な研修となりました。
昨今の特殊詐欺犯罪は巧妙化しており、アジトの摘発等、不動産業者からの情報は非常に重要とのことです。些細な情報でも気兼ねなく警察へご連絡いただきたいとのことで、出席の皆さまで名刺交換の場を持ち警察署との交流も深めていただきました。多発する特殊詐欺犯罪を水際で防止しするためにも、会員の皆さまのご協力をお願い申し上げます。
(研修委員長 渡辺武志)

第6回 文京区支部総会を開催

平成29年度事業計画・予算案などを承認

4月27日(木)午後5時から東京ドームホテル42階「オリオン」で文京区支部第6回支部総会が開催された。上程された報告事項1号から5号をすべて承認して閉会した。

総会は小能大介幹事長の司会のもと、物故者への黙祷、川辺浩二副支部長の開会の挨拶、新井浩二支部長の挨拶、平成28年度の新入会員の紹介で開会した。続いて議長に北地区2班の寺村光司氏(㈱寺村企画)を選任し、議長から定足数(会員総数227名、出席会員39名、委任状120名)の発表があり、議事録署名人に東地区3班・生川宝夫氏(㈱電話住宅相談所)、西地区4班・河野勝之氏(㈱プロマネイジ)を選任して議事に移った。
報告第1号「平成28年度事業報告書の件」、報告第2号「平成28年度収支決算書の件」が報告された後、東村昭平監査役が監査団を代表して監査報告を行い、両報告を満場一致で承認した。さらに報告第3号「平成29年度事業計画案の件」、報告第4号「平成29年度収支予算案の件」、報告第5 号「幹事選出の件」が報告され、すべて承認した。星龍彦副支部長の閉会の辞で終了後、支部主催第2回研修会が、渡辺武志研修委員長の進行で開催された。
その後、同じフロアーの「シリウス」に席を移して福田知治厚生担当委員長の司会で懇親パティーを開催、明かりの灯り始めた大手町方面のビル群を望みながら交友を深めた。今回は着席形式で行われ、好評だった。

mokutouaisatuhakushu kanpai  party

西地区会を開催─16名が参加し懇親を深める

ひな祭りを翌日に控えた平成29年3月2日(木)、16 名が出席し「庄や茗荷谷店」にて午後6時30分より西地区会が開催されました。地区長挨拶、後藤相談役による乾杯のご発声と続き新井支部長挨拶の後、開宴となりました。
このたびも区議会議員の佐藤豪一氏がゲストとして参加しました。佐藤議員からは我々に近い話として、「一定敷面積以上の土地は建築確認申請を提出する前に近隣住民との協議が必要との条例案が提出されていますが、建設委員会では否決されました。」との報告がありました。
約2時間歓談後20時30分閉会となりました。退席に当たり年に2回は地区会をといった声もありましたので、次回は暑気払いを検討致します。
(西地区長 河野勝之)

「文京区における空家等に関する特殊詐欺被害根絶及び利活用に関する協定書」調印式に出席

―文京区・区内4警察署と協定書を締結

平成29年2月2日(木)午後2時より文京区役所16階庁議室において「文京区における空家等に関する特殊詐欺被害根絶及び利活用に関する協定書」調印式が開催されました。
文京区支部から、新井支部長、小能幹事長が出席し、成澤文京区長、区内4警察署長及び全日東京都本部豊島文京支部長が出席し、区内の空き家等の利活用の促進及び空き家等を悪用した特殊詐欺被害の根絶を図るため協定書を締結しました。区長から「当区では管理不全な空家等が多数把握され、対策を行っているところですが、本日協定書を締結させていただき区内の安全安心なまちづくりを推進してゆきたいと思います」と挨拶がありました。
本件は、文京区支部から文京区へ関係機関との協定書の締結をご提案し実現したものです。文京区支部は今後この協定書を基に関係機関と協力し区内の安全安心なまちづくりを推進してゆきたいと思いますので会員の皆様のご協力をお願い致します。
(支部長 新井浩二)

文京区における空室等に関する特殊詐欺被害根絶
及び利活用に関する協定書の概要

〈主な内容〉
(1) 文京区及び文京区内四警察署は、特殊詐欺に関する情報を協会へ提供
(2) 協会及び協会員の不動産会社が特殊詐欺に関する情報を入手した場合は、速やかに警察等へ通報
(3) 協会は、協会員の不動産会社に対する啓発活動を推進
(4) 協会は、建物を特殊詐欺の用に供しない旨の確約書や解除条項(特約)を盛り込んだ契約書などの使用を協会員の不動産会社へ働き掛け

nagarezu

kyouteisho

 

第2回支部・青年会合同研修会

「本郷税務署から講師を招き『税務研修』を開催」

平成29 年1 月17 日( 火) 午後6 時より文京シビックセンター5階会議室で開催され、定員60名に対し51 名のご参加を頂きました。
今回は小能幹事長を通じ本郷税務署長よりのご依頼による税務研修会の開催となりました。第1部は署長自ら講師となり「パナマ文書・タックスヘイブン課税~税務に関するコーポレートガバナンス」をテーマに、第2部は統括国税調査官による「相続と相続税」をテーマに研修を行いました。税務署からの「講修中に随時質問を受ける形式で行いましょう」との提案が功を奏し、活気ある研修会を開催することができました。
今年度は支部として2回の研修会を開催し、多くの会員の皆さまのご参加を頂きました。来年度も皆さまの業務に役立つ実務的な研修内容を企画していきたいと思いますので、ご意見、ご提案等も宜しくお願い申し上げます。

( 研修委員長 渡辺武志)